スギノマシン、ウォータージェットポンプ向け「IoT遠隔監視機能」を販売開始

近年、製造現場ではDXへの関心が高まっており、イノベーションの強力な手段になりつつある。

産業機械メーカーの株式会社スギノマシンは、ウォータージェットポンプ向け「IoT遠隔監視機能」を10月に販売開始します。

同機能は、省人化、ダウンタイム短縮につながる遠隔監視、作業支援機能である。稼働状況監視、アラーム通知、消耗部品管理機能によって、遠隔からポンプの稼働状況や異常を察知し、従来の「経験」や「勘」を数値化し、誰でもポンプの状態がわかるように異常箇所の推定が可能な「コンディション診断」や故障診断機能によってポンプ状態と異常原因の見える化を行う。

販売価格は200万円~(税抜)となっている。