YE DIGITAL、AI画像判定サービスを活用した夾雑物除去システムをカゴメに導入

カゴメ株式会社は、トマトソースやサルサ等の製造工程においてコンベアで流れてくるダイストマトに、トマトの変色部、皮、ヘタといった夾雑物が混入していないかを確認し取り除く作業において、集中力を必要とする熟練作業のため、人材不足を課題としていた。

そこで株式会社YE DIGITALは、同社で開発されたAI画像判定サービスを活用した夾雑物除去システムが、カゴメの茨城工場に導入され、2021年11月より本格稼働を開始したことを発表した。

今回導入された夾雑物除去システムは、ダイストマトの画像からAIで夾雑物を判別し、ロボットでその夾雑物を除去するというものだ。

ロボットは株式会社安川電機製が採用され、システムエンジニアリングは安川グループの末松九機株式会社が担当している。

導入前検証では、産地を問わず1つの判別モデルでの夾雑物検知を実現。また、検出した夾雑物を分類し、発生状況を分析・見える化を実現することで、夾雑物混入削減に向けた取り組みにつながることが分かった。

夾雑物除去システムの特長

個体差に対応

画一でない対象物の画像判定において、高い精度を実現。また、新しい汎用アルゴリズムの検証および、顧客ごとの専用アルゴリズム作成により高精度な検出を行うことができる。

ロボット・コンベア連携

末松九機と共同で、AI画像判定サービス・ロボット・コンベア連携により、高速ピッキングかつ最小で2~3mmの夾雑物の除去が可能になった。