阪神電気鉄道とアイテック阪急阪神、駅のゴミ箱の堆積量を遠隔監視するシステムの実証実験を実施

阪神電気鉄道株式会社とアイテック阪急阪神株式会社は、IoTセンサーを用いたゴミ箱内の堆積量を遠隔監視するシステムの実証実験を、阪神電車の一部の駅にて、2021年11月2日から2022年1月31日(予定)まで実施することを発表した。

今回発表された実証実験では、駅のホームやコンコースに設置されているゴミ箱の一部に、LPWAによる無線通信が可能な距離センサーを設置し、ゴミ表面との距離の減少をもってゴミの堆積量の増加を判定する。(トップ画①②)

これにより、ゴミの堆積量を遠隔で確認できるため、ゴミ回収のタイミングの適正化、ゴミ回収作業の効率化が期待されている。(トップ画③)