三菱電機、コンクリート構造物表面のひび割れを検出する「AIひび割れ自動検出技術」を開発

三菱電機株式会社は、同社が開発するAI技術「Maisart(マイサート)」を用いて、コンクリート構造物表面のひび割れを高精度に検出する「AIひび割れ自動検出技術」を開発した。

「AIひび割れ自動検出技術」の開発には、高密度三次元レーザと高解像度カメラで道路・鉄道のトンネルを計測するシステムMMSDⅡで走行撮影した、多様なコンクリート構造物表面の高精細画像データに、ひび割れ領域をラベル付けし、ひび割れ検出に最適な教師データを作成している。

三菱電機、コンクリート構造物表面のひび割れを検出する「AIひび割れ自動検出技術」を開発
「AIひび割れ自動検出技術」の概要図。

なお、MMSDⅡで走行撮影した画像データを用いた自動検出において、幅0.1mm以上のひび割れ検出率は95.9%を達成しているという。

また、AI技術「Maisart」の一つとして、複数の学習モデルを組み合わせた独自構造のAIを新たに開発し、ひび割れ領域をAIに重点的に学習させることで、検出精度を向上、ひび割れの自動検出を実現している。

今回開発された技術は、2022年4月までに「MMSD計測・解析サービス」に適用し、目視作業の負担軽減や点検時間の短縮を実現するとしている。

そして今後は、ひび割れ以外の変状検出(漏水・遊離石灰等)にも今回の開発技術を応用し、AI抽出結果に基づく健全性判定機能や、アセットマネジメント機能も順次開発する予定だ。