ソフトバンク・iRooBO、5GやIoTを活用し製造業の設備データ収集・連携ができる実証環境を大阪に構築

ソフトバンク株式会社と、一般社団法人i-RooBO Network Forum(以下、iRooBO)は、製造業のDX支援を目的に、5GやIoTを活用して生産設備などのデータ収集・連携ができる実証環境を、大阪市の複合商業施設アジア太平洋トレードセンター(ATC)内に構築した。

この実証環境では、iRooBOがATC内に設置している、デモンストレーション用の生産設備やPLC、協働ロボットを、ソフトバンクの5Gと閉域網でクラウドに接続してデータを伝送できるシステムを構築している。これにより、工場で一般的に設置されている設備や装置を使った、データの蓄積・可視化などの検証を行うことができる。

また、「SmartVPN」でクラウドと閉域接続しているデバイスであれば、どこからでもデータを確認することができるため、遠隔地からの運用を想定した検証も行うことができる。

ソフトバンク・iRooBO、5GやIoTを活用し製造業の設備データ収集・連携ができる実証環境を大阪に構築
システム構成のイメージ。

今後、ソフトバンクとiRooBOは、データ収集・連携が可能なデモンストレーション用の設備や装置の種類を増やし、製造業のさまざまなユースケースに対応した実証実験ができる環境を整備する予定だ。また、ソフトバンクはこの実証環境を活用して、製造業向けのサービスの開発・検証を行っていく。

この実証環境を活用した実証実験の第1弾は、株式会社ブリッジ・ソリューションとスリーアップ・テクノロジーが「IoTシステムを活用した工場見える化ソリューションの導入可能性検証と課題抽出」の実証実験で、2021年11月29日~2022年2月28日に実施する予定だ。