OKI、「外観異常判定システム」にGoogle Cloudの品質検証ソリューションを組み合わせた新機能を追加

沖電気工業株式会社(以下、OKI)は、検査対象の部品・製品の映像データを、AIエッジコンピューターで映像解析することにより、リアルタイムで製品の外観異常を自動判定する「外観異常判定システム」を提供している。

そして本日、「外観異常判定システム」にGoogle Cloudの品質管理を目的とした専用ソリューションである「Visual Inspection AI」を組み合わせ、AIによる学習モデルの自動生成機能、および生成されたモデルによる自律型検査機能を追加し、2022年3月より提供することを発表した。

自動判定モデル作成機能を追加することにより、AIの専門知識を持たない製造現場においても、容易かつ短期間で導入・運用することが可能になる。

生成した学習モデルはエッジ端末である「AE2100」に実装されるため、製造現場で自律的に外観検査を行い、作業者に結果を通知することが可能だ。

OKI、「外観異常判定システム」にGoogle Cloudの品質検証ソリューションを組み合わせた新機能を追加
自動判定モデル作成機能が追加された外観異常判定システムの概要図。

さらに、運用中に未知の異常が検出された場合には、運用者が当該画像をユーザー画面に取り込み、各画像の不良箇所にマーキングをしてラベル付けを行うだけで、自動的に学習モデルを生成することができる。

OKIはこのシステムを、2022年5月にスマート工場として新たに稼働を開始する自社工場に導入する予定だ。