タナックスとDoog、業務提携し、物流現場ヘ向け追従運搬ロボット「サウザー」を販売開始

株式会社タナックスと株式会社Doogは、2016年5月9日、追従運搬ロボット「サウザー(THOUZER)」における業務提携に合意した。

両社は「サウザー」を広く社会へ提案していくことにより、物流倉庫や工場等での運搬業務において、人の作業負荷軽減、およびコスト削減と生産性向上への貢献をいっそう進めていくという。

 

「サウザー」とは

現場で「いますぐ」使える追従運搬ロボット。
①追従 ②無人ライン走行 ③衝突回避 の3つの機能を持ち、誰でも簡単・安全に扱うことのできるロボット。

 

「サウザー」開発・展開の背景

各種物流現場において、従業員不足や重量物運搬による作業従事者への身体的負荷等が問題となっている。人の代わりにロボットが単純作業や重労働を担うことにより、労働環境の改善、業務効率の向上等が期待できる。

 

5月11日〜13日、サウザーが通販ソリューション展に登場する。(東ホール 東14-47)

 

【関連リンク】
タナックス(TANA-X)
ドーグ(Doog)
サウザー(THOUZER)

Previous

ぷらっとホーム、NTTドコモのLTEサービスエリアに対応したOpenBlocks IoT EX1用オプション製品を発表

経済産業省、IoT推進ラボ第1回先進的IoTプロジェクト選考会議「IoT Lab Selection」における規制・ルール形成等支援を進める

Next