NSW、インフォアジャパンと業務提携を締結しクラウド倉庫管理システム「Infor WMS」の提供開始

日本システムウエア株式会社(以下、NSW)は、製造・流通・卸売・3PL向けクラウド倉庫管理システム「Infor WMS」の販売において、インフォアジャパン株式会社と業務提携を締結し、2021年11月16日より提供を開始することを発表した。

「Infor WMS」は、倉庫のデジタル化と可視化、オペレーションの自動化と効率化を支援する大規模倉庫向けのWMSだ。

多言語対応、タイムゾーン管理、複数の拠点や荷主に対応する機能の搭載といった特長があり、倉庫管理や庫内作業員の労務管理、3PL請求管理などを行うことができる。

なお、NSW主催、ゼブラ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社、インフォアジャパン株式会社共催の「Infor WMS」に関するウェビナーが、2021年12月8日に開催される予定だ。