NTTグループ、ビル内の空調を最適制御するためのシステムを開発しアーバンネット名古屋ネクスタビルにて実証実験を開始

一般的なオフィスビルにおいては、エネルギー消費の約5割を空調が占めており、空調の省エネ化が重要だ。そのため従来の設備更改や運用見直しによる改善だけでなく、新たにAIを用いた空調制御などのアプローチにも期待が寄せられている。

そこで、NTTアーバンソリューションズ株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社NTTファシリティーズの3社は、ビル内の空調を最適制御するためのシステム開発に着手し、NTT都市開発株式会社が開発を進めている「アーバンネット名古屋ネクスタビル」における実証実験を、2022年より開始することを発表した。

今回3社が開発したシステムは、NTTグループの持つ人流予測・環境再現・最適制御算出の技術を組み合わせ、各種センサーから「データ収集」、人流などを考慮した室温変化の予測と、人々の快適性を推測し、時々刻々と変化する状況に応じた最適な空調制御「シナリオ算出」、シナリオにもとづいた「自動制御・監視」を実現する。

NTTグループ、ビル内の空調を最適制御するためのシステムを開発しアーバンネット名古屋ネクスタビルにて実証実験を開始
空調制御最適化システムの概要図。

なお、今回の実証実験では、アーバンネット名古屋ネクスタビルの共用部空調を対象に制御を行い、エネルギー消費の5割削減を目指すとしている。

今後は、実証実験を通じて得られた知見をふまえ、新規・既存物件への展開も見据えた継続的な検討・検証を行い、共用部だけでなく専有部の空調制御についても検討を進め、ビル全体の空調制御にも取り組む予定だ。

さらに、NTTが取り組むデジタルツイン間の連鎖により街の全体最適化を行う技術「街づくりDTC」で、実証中の他のサービスと連鎖する。これにより、おもてなしサービスの個人属性・特性を活用、一人ひとりのその時の状況に応じたパーソナライズ空調や、フードロス削減の人流予測なども行っていくという。