東芝デジタルソリューションズ、顔認識AI技術を活用したオンライン本人確認向けサービスを提供開始

昨今、様々な商取引において、オンライン本人確認の需要が高まっており、確認の自動化に加え、より一層の正確性が求められている。

そうした中、東芝デジタルソリューションズ株式会社は、金融機関の口座開設や電子決済サービスなどで必要となる本人確認書類OCR「本人確認書類読取サービス・本人確認書類読取ソフトウェア」のラインアップを強化し、新たに「顔認証サービス」と「本人確認書類厚み判定サービス」の提供を2021年11月30日より開始する。

「顔認証サービス」と「本人確認書類厚み判定サービス」は、本人確認書類OCRと組み合わせて利用することができ、従来から利用している金融機関の口座開設や、各種決済サービス、フリマアプリなど、さまざまなeKYC(オンライン本人確認)で利用することが可能だ。

「顔認証サービス」では、東芝独自の顔認識AI技術をベースに、まばたき・めつぶり検出など、オンライン本人確認で必要となる機能を付加している。

東芝デジタルソリューションズ、顔認識AI技術を活用したオンライン本人確認向けサービスを提供開始
スマートフォンで撮影した顔写真と券面顔写真が、同一人物かどうかを判定する。
「本人確認書類厚み判定サービス」では、本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード)を斜めから撮影することで、写真の手前側に写るカードの厚みが適正かどうかをチェックし、本人確認書類が偽造されたものかを判定する。(トップ画参照)