アットマークテクノとコネクシオ、高性能・小型低価格IoTゲートウェイ「Armadillo-IoTゲートウェイ G3L」を共同開発

株式会社アットマークテクノとコネクシオ株式会社は、「ARM Cortex-A7(1GHz)デュアルコア」の高性能プロセッサを搭載した小型で低価なIoTゲートウェイを共同開発した。

 

製品の特長と比較

「Armadillo-IoTゲートウェイG3L(アルマジロ・アイオーティーゲートウェイ・ジースリーエル、以下「G3L」)」は、上位機種「Armadillo-IoTゲートウェイG3(以下「G3」)」と同様の「ARM Cortex-A7(1GHz)デュアルコア」の高性能プロセッサを採用している。IoT時代に向けて技術が進化する中、クラウド側だけでなくIoT機器側でも高度な処理を行う「エッジコンピューティング」の重要性が増しており、従来製品に比べて大幅な高速化を実現している。

また、多彩なアドオンモジュールを選択して柔軟に拡張できる「G3」に対し、「G3L」は、インターフェースを厳選し、標準化することでサイズの小型化を実現するとともに、求めやすい価格を実現。LTE、LAN、WLAN(IEEE802.11a/b/g/n準拠)の他、スマートメーターの通信規格としても利用されているWi-SUNに対応しているので、スマートハウス[*1]の実現に必要不可欠なHEMS機器のプラットフォームとしても利用でき、企業向けの小型IoTゲートウェイとして最適だ。

Armadillo-IoTゲートウェイ G3 (今回の新製品)
Armadillo-IoTゲートウェイ G3L
特長 アドオンモジュールの差し替えで、柔軟に拡張できる。産業用特機やPoC(Proof of Concept)に最適 汎用インターフェースを標準化し、小型・低価格化を実現。HEMS機器や企業向け小型IoTゲートウェイに最適
サイズ 155.8×125.8×47.0 mm 118.0×57.0×30.2 mm
開発セット価格 59,500円(2016年6月発売予定) 36,800円(2016年秋発売予定)
量産モデル価格 オープン価格 25,000円~[*2]

「G3L」は「G3」と同様に汎用的なLinuxディストリビューション「Debian GNU/Linux」を採用しており、パソコンのように開発を進めることができる。「G3」開発セット(型番:AGX3020-D00Z、2016年6月発売)を利用することで、「G3L」の発売に先行して試作開発・性能評価を行うことも可能だ。

[*1] スマートハウス:IoT技術などを用いて、エネルギー管理をすることができる住宅のこと。電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」や家電機器を「自動制御」することが可能。
[*2] 量産モデルは搭載モジュール等の仕様により価格が異なる。詳細はお問い合わせください。

 

製品説明

ハードウェア[*1]

プロセッサ NXPセミコンダクターズ製 i.MX 7Dual
ARM Cortex-A7(1GHz)デュアルコア
メモリ 512MB
記憶容量 内蔵4GB(システム領域含む)、microSD
LAN 100BASE-TX / 10BASE-T, AUTO-MDIX対応
無線LANモジュール WLAN+BTコンボモジュール(WL1837MOD) IEEE802.11a/b/g/n(最大150Mbps)[*2]
モバイル通信 LTE( SIMスロット:マイクロSIMカード対応[*3]
シリアル(UART) ×1
USB USB 2.0(Host/Device[*4])×1 (High Speed)
カレンダ時計 RTC搭載
LED 3個
スイッチ タクトスイッチ×1
入力電源 DC8V~26.4V
動作温度範囲 -10℃~+60℃(ただし結露なきこと)
筐体サイズ 137.6×57.0×30.2mm(突起部を除く)

ソフトウェア

  • Linuxプリインストール(Linux 3.14)
  • ディストリビューション:Debian GNU/Linux
[*1] 設計段階の予定仕様。
[*2] 無線LANモジュール搭載時の理論値。
[*3] NTTドコモのLTE(Xi®)エリアに対応しているマイクロSIMカード(パートナーから提供)を利用可能。
[*4] HostまたはDeviceモードを利用できる。

 

製品の展示

アットマークテクノとコネクシオは、2016年5月11日(水)から13日(金)まで東京ビッグサイトで開催される展示会「第5回 IoT/M2M展 春」(「Japan IT Week2016春」内、組み込み開発技術展(ESEC)と併催)のアットマークテクノブース(ブースNo.西3-71)にて、「G3L」および「G3」が展示される。

 

【関連リンク】
アットマークテクノ(Atmark Techno)
コネクシオ(CONEXIO)

Previous

360度動画でバーチャル試乗が体験できるiOSアプリ 「ジャガー・ランドローバー・バーチャル・ドライブ」提供開始

NTTコミュニケーションズ、工場群の一括モニタリングや予防保全など製造業におけるIoTをセキュアに実現できる「IoT Platform Factory パッケージ」の提供を開始

Next