NTTコミュニケーションズ、工場群の一括モニタリングや予防保全など製造業におけるIoTをセキュアに実現できる「IoT Platform Factory パッケージ」の提供を開始

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、さまざまな業種においてセキュアな「IoT」(*1)環境をワンストップで実現する「IoT Platform」サービスの提供を開始する。その第1弾として、2016年5月16日より「IoT Platform Factory パッケージ」を提供すると発表した。

 

「IoT Platform Factory パッケージ」は、IoTの導入に必要となるデータ収集・分析アプリケーション、セキュアなネットワーク、プライベートクラウド、産業機器やセンサー類に接続するデバイスをまとめて提供するサービスだ。(参考:[別紙] IoT Platform Factoryパッケージ概要)

クラウドサービスとして提供されるため、個別システム構築に比べ導入に必要な期間が短く、ランニングコストも安価(月額22,450円から)であり、製造業における業務効率化やトータルコスト削減、製品やサービスの付加価値向上、ガバナンス強化などに貢献できるという。

 

背景

IoTはAIなどと並び、企業が「デジタル・トランスフォーメーション」(*2)によって革新を遂げるために欠かせない要素として注目を集めている。一方でその導入にあたってはネットワーク調達、データを保存する環境構築など準備稼働が膨大であり、容易にはIoTを導入できないという課題がある。また、重要なデータを扱うことになるため、セキュリティ面の課題から二の足を踏んでいる企業が多いのも実情だ。

NTT Comはこれまでのパートナー各社との実証実験を踏まえて、これらの課題を解決する「IoT Platform」を提供する。

 

特長

クラウドベースのIoT導入でグローバルビジネスにも対応

産業機器やセンサー類から取得したデータを、NTT Comのクラウド基盤「Enterprise Cloud」に集積することで、工場と工場の間、あるいは工場と本社オフィスの間などでデータの共有・活用を行うことができる。

例えば、自社工場を所有している企業では、本社や出張先などから各工場の稼働状況をリアルタイムにモニタリング可能となるため、スピーディーな計画変更指示やトラブル対応支援、ガバナンス強化やコンプライアンス強化などに役立つ。また各地の工場にモニタリング要員を配置する必要がなく、本社などの1ヵ所に集約してモニタリングできるため、リソース配分の効率化にもつながる。

エンドユーザの工場に産業機械などの製品を提供している企業においては、自社製品のモニタリングによるリモートメンテナンスや、製品開発へのフィードバックなどにより付加価値向上に役立つ。

IoT導入において決定的に重要なセキュリティ課題を解決

インターネットに接続された機器は常にサイバー攻撃の危険に晒される。そこでNTT Comはインターネットを介さない企業向けモバイルネットワーク(「Arcstar Universal One モバイル」)を接続回線に用い、プライベートクラウドに直結することで重要な情報を扱うことができるセキュアなIoT環境を実現した。

IoTをスモールスタートしたいお客さまにも対応したパッケージング

接続回線がモバイルであるため、敷設工事などが必要な固定回線に比べ大幅に短い期間での導入が可能。また、あらかじめサイジングされたパッケージで提供するため、IoTを手早くスモールスタートで始めてみたいという方にも最適。

高機能な製造企業向けのアプリケーションをラインナップ

データ収集・分析アプリケーションにおいて豊富な導入実績を持つシュナイダーエレクトリック社の「Vijeo Citect」(SCADA)(*3)およびジェイティ エンジニアリング社の「JoyWatcher」(SCADA)をパッケージに組み入れて提供。アプリケーションのラインナップは、今後も追加していく予定。

 

「IoT Platform Factory パッケージ」の各メニューおよび利用料金(税抜)

NTTコミュニケーションズ、工場群の一括モニタリングや予防保全など製造業におけるIoTをセキュアに実現できる「IoT Platform Factory パッケージ」の提供を開始

 

今後の展開

2016年6月には「IoT Platform Factory パッケージ」のアプリケーションラインアップ追加を予定。

なお「IoT Platform」は今後、第2弾として自動車向けのパッケージを2016年7月に、第3弾として各種機器・製品向けのパッケージを2016年9月に提供開始する予定だという。

また、2016年5月11日から13日に開催される”Japan IT Week 春 第5回IoT/M2M展”にて、「IoT Platform」などを出展。

 

*1:Internet of Thingsの略。センサー技術やワイヤレス通信技術の進化に加え、ビッグデータ解析やAI(人工知能)技術の進展を背景に、世の中に存在する様々なモノに通信機能を持たせネットワークに接続することで、そのモノを通した高度な自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う仕組み。

*2:既存ビジネスの効率化、信頼性・安全性の向上に加え、先進的な技術を積極的に駆使した新たなビジネス創出までを含めた変革のこと。

*3:Supervisory Control And Data Acquisition の略。産業制御システムの一種で、生産ラインの機器などからデータを取得し、各機器のパラメータ設定などを制御できる。また一般に、それらの状況をグラフィカルに「見える化」することが可能で、工場などにおける機器の稼働状況を把握するために利用されている。

*4:Vijeo Citectのライセンス料を含む。

*5:JoyWatcherのライセンス料を含む。

*6:既にVijeo CitectやJoyWatcherを利用している方、あるいはその他のアプリケーションを利用される方向けのパッケージ。

*7:センサーなどのIoT機器をネットワークに接続するために使用するデバイス。

 

【関連リンク】
NTTコミュニケーションズ(NTT Communications)
シュナイダーエレクトリック(Schneider Electric)
ジェイティ エンジニアリング(JTE)

Previous

アットマークテクノとコネクシオ、高性能・小型低価格IoTゲートウェイ「Armadillo-IoTゲートウェイ G3L」を共同開発

トレードショーオーガナイザーズ、『サービスロボット開発技術展2016』初開催

Next