住友ゴム、岡山交通・ダンロップと協業しタクシー事業者向けタイヤ空気圧管理ソリューションサービスの実証実験を開始

住友ゴム工業株式会社は、岡山交通株式会社とダンロップタイヤ中国株式会社と協業し、タクシー事業者向けのタイヤの空気圧や温度をリモート監視する、空気圧管理ソリューションサービスの実証実験を開始した。

今回発表された実証実験では、DUNLOP(ダンロップ)のタクシー用オールシーズンタイヤ「ALL SEASON MAXX AS1 for TAXI(オールシーズンマックス エーエスワン フォータクシー)」を装着する岡山交通のタクシー15台に対して、タイヤの空気圧や温度をリモート監視できるサービスを提供し、その効果を検証する。

住友ゴム、岡山交通・ダンロップと協業しタクシー事業者向けタイヤ空気圧管理ソリューションサービスの実証実験を開始
タクシー事業者向けタイヤ空気圧管理ソリューションの概念図。

このサービスでは、駐車場に設置されたアンテナ圏内のTPMS(タイヤ空気圧監視システム)装着車両のタイヤ空気圧や温度情報を、一括してタブレット端末などで確認・管理することが可能だ。

これにより、空気圧の定量管理業務の軽減、適正な空気圧維持、走行時の燃費向上及びCO2排出量の削減などが期待されている。