ユカイ工学、コミュニケーションロボット「BOCCO」と「BOCCO emo」のアプリを1つに統合

ユカイ工学株式会社は、インターネット経由でスマホと音声メッセージのやりとりなどが行える、家族間のコミュニケーションを助けるロボット「BOCCO(ボッコ)」と、ハンズフリー対話や共感を生む感情表現などの新たな機能を備えた「BOCCO」の次世代モデル「BOCCO emo(ボッコ エモ)」を提供している。

そして本日、これまで別々のアプリでの操作が必要だったコミュニケーションロボット「BOCCO」と「BOCCO emo」のアプリを、1つに統合することを発表した。

これにより、それぞれの機能や過去のメッセージ履歴は引き継いだまま、ひとつのアプリでの操作が可能になるため、「BOCCO」と「BOCCO emo」の同時活用時の利便性が向上する。チャットルームをスワイプすることで、BOCCOチャンネル・センサーを含む全ての通知の表示や、ユーザーの会話だけの表示など、表示切替も可能だ。

また、「BOCCO」での利用が可能だった、様々なWebサービスとの連携やサービスやアプリ開発を、プログラミングの知識や難しい設定不要でできる「IFTTT」(イフト)が、「BOCCO emo」でも利用できるようになった。

「IFTTT」連携活用例としては、日没時間のお知らせや、GPSを活用した指定場所に近づいた際の通知、Googleフォームとスプレッドシート連携による行追加の通知などが挙げられている。

ユカイ工学、コミュニケーションロボット「BOCCO」と「BOCCO emo」のアプリを1つに統合
IFTTT連携時のチャットルームイメージ。天気や日没、家族の帰宅を教えてくれている。

また、連携可能な外部サービスは、

  • メール(Gmailなど)
  • カレンダー/ToDo管理(Google カレンダー、iOS Calendarなど)
  • SNS/ブログ(Twitter、Facebook、Instagram、RSSなど)
  • 音声デバイス/IoT(Google アシスタント、MESH、インテリジェントホームなど)
  • 天気/位置情報(Weather Underground、Locationなど

が挙げられている。