三菱電機、DX・スマートシティに関する技術・製品のデモ体験を通して共創を推進する施設「XCenter」を開設

本日、三菱電機株式会社は、DX・スマートシティをテーマとした展示場「XCenter(クロスセンター)」を、本社が入居する「東京ビルディング」に開設した。

「XCenter」では、DX・スマートシティを推進する企業や国・地方自治体などの官公庁関係者を対象に、オープンイノベーションにより新たなソリューションを共創することを目的とし、4テーマに分けた三菱電機の新たな製品・技術が紹介される。

4つのテーマは以下の通りだ。

  • 「ACCESSIBILITY」:移動や暮らしのサービスが円滑化され人々の活動が活性化したまち
  • 「SUSTAINABILITY」:資源を有効に活用しながら快適に過ごせるまち
  • 「RESILIENCY」:社会と暮らしの安心安全が守られるまち
  • 「DIVERSITY」:誰もがイキイキと豊かに暮らせるまち