Shiftall、VRヘッドセット「MeganeX」などのメタバース向け製品3種を発表

株式会社Shiftallは本日、VRヘッドセット「MeganeX(メガーヌエックス)」、ウェアラブル冷温デバイス「Pebble Feel(ぺブルフィール)」、メタバース対応音漏れ防止機能付きマイク「mutalk(ミュートーク)」といった、VR製品3種を発表した。

今回発表された3製品は、パナソニックと協業開発し、Shiftall製品として発売される。

なお、この3製品は現在開催されている「CES 2022」にて、プロトタイプをオンラインにて発表するという。

各デバイスの概要

MeganeX

Shiftall、VRヘッドセット「MeganeX」などのメタバース向け製品3種を発表

「MeganeX」は、5.2K、10bit、HDRのディスプレイを搭載し、6DoF対応。SteamVRで使用できるVRヘッドセットだ。フレームはメガネ型のスピーカーを内蔵、重さ250gと軽量化を測っている。

また、Snapdragon XR1プラットフォームを搭載しており、米Kopin社と協業し、LightningマイクロOLEDディスプレイと、Pancakeレンズも搭載している。

ディスプレイ

1.3inch Micro OLED 5.2K(2,560×2,560 x2) , 10bit HDR / 120Hz

重量

約250g
※ケーブル部除く

プロセッサ

Qualcomm Snapdragon XR1

トラッキング方式

インサイドアウト方式での6DoFヘッドトラッキング

接続方式

DisplayPort Alternate Mode on USB-C または DisplayPort + USB2.0*
※付属のインターフェース変換BOXを利用した場合

販売予定価格(税込)

10万円未満

Pebble Feel

Shiftall、VRヘッドセット「MeganeX」などのメタバース向け製品3種を発表

「Pebble Feel」は、メタバースと連動するウェアラブル冷温デバイスだ。高性能ペルチェ素子を搭載しており、人体を温めたり、冷やしたりすることができる。

専用シャツと組み合わせることで、接触している首元を冷却・加熱することが可能。

また、専用のSteamVR用アドオンを利用することで、VRChatのようなメタバース空間において、寒さ・暑さを体験することが可能となる。

既存のシェーダーを用いることで、体感温度を指定したワールドを作成することができる仕組みも併せて提供される。

ヒート&クールプレート部温度

最低9°C/最大42°C
※25度の環境において

動作時間

冷却モード「中」の場合: 約15時間、加熱モード「中」の場合: 約25時間
※10,000mAhのモバイルバッテリー使用の場合

使用推奨温度(動作環境)

5 °C〜 40 °C

重量

約60g

対応OS

Windows(SteamVR)/iOS/iPadOS/Android

通信方式

Bluetooth® v5.0 Low Energy

販売予定価格(税込)

2万円前後

mutalk

Shiftall、VRヘッドセット「MeganeX」などのメタバース向け製品3種を発表

「mutalk」は、メタバース対応音漏れ防止機能付きBluetoothマイクだ。専用のバンドで顔に固定することができるため、両手がふさがっている状況でもハンズフリーで会話でき、ビジネス用途での利用も想定されている。

また、ストラップを外せば、話したい時だけ口に当てる使い方が可能だ。

動作時間

10時間連続利用可能

充電方式

USB Type-C

対応OS

Windows/macOS/iOS/iPadOS/Android

通信方式

Bluetooth® v4.2 BR/EDR(HSP, HFP1.7)

販売予定価格(税込)

2万円前後