ドコモ、オペレーターの表情をVR機器に対応した3Dアバターへ反映し伝送する遠隔接客システムを開発

株式会社NTTドコモは、一般的なWEBカメラで取得したオペレーターの表情を、VR機器に対応した3Dアバターへリアルタイムに表情を反映し、伝送する遠隔接客システムを開発した。

アバターや表情表現にはPinscreen社の技術を用いており、同社の「ニューラルレンダリング技術」によりフォトリアルなアバターの顔の生成およびリアルな表現を実現している。

利用者はVR機器やパソコン、タブレットを用いて3Dアバターによる接客を受けることができる。スマートフォンやタブレットを介する場合も、レンダリングをシステムのサーバー側で行いストリーミングするため、端末のスペックに依存することなく利用することが可能だ。

ドコモ、オペレーターの表情をVR機器に対応した3Dアバターへ反映し伝送する遠隔接客システムを開発
今回発表された遠隔接客システムの利用の流れを表した概要図。

また、シーンや業種に合わせ、「リアル」、「デフォルメ」の2種類のテイストのアバターから選ぶことができる。

ドコモ、オペレーターの表情をVR機器に対応した3Dアバターへ反映し伝送する遠隔接客システムを開発
スマートフォン・タブレット版のアバターイメージ。(左:リアルテイスト 右:デフォルメテイスト)