コニカミノルタとNEC、5Gと画像AIを用いたAGVの高効率自動制御システムを共同開発

コニカミノルタ株式会社と日本電気株式会社(以下 NEC)は、ローカル5G環境を整えたコニカミノルタの研究開発拠点「Innovation Garden OSAKA Center」(以下、IGOC)において、2020年11月より、5Gを活用したDX推進のための共同開発を進めている。

そして本日、コニカミノルタとNECは、コニカミノルタの画像AIと、NECの自律移動ロボット管制制御ソフトウェアである「NEC マルチロボットコントローラ」(以下、MRC)を用いて、離れた場所から障害物を検知して迂回距離を短縮できるAGVの高効率自動制御システムを共同開発したことを発表した。

このシステムは、コニカミノルタのAI処理の技術群「FORXAI(フォーサイ)Imaging AI」の一つである物体検出アルゴリズムを用いて、AGVに搭載したカメラの画像から、数メートル離れた場所にある障害物を検知する。

この物体検出アルゴリズムでは、複数種の物体に対してIntel Core i7で、100fps以上での物体検出を行っている。

コニカミノルタとNEC、5Gと画像AIを用いたAGVの高効率自動制御システムを共同開発
物体検出アルゴリズムにより、複数種の物体に対して物体検出をしている。

これにより、レーザーレーダーを用いた一般的な制御システムと比べて、AGVの効率的な迂回制御が可能となる。

また、AGVに搭載したカメラで進行方向の視野を確保するため、固定して設置したカメラを使う場合に課題となる死角を無くし、より安全な走行を行うことができる。

さらに、FORXAIマネジメントコンソールを活用することで、AGVに搭載しているカメラやロボットの死活監視や稼働制御、および、それらデバイスにインストールされたAIアルゴリズムをリモートでアップデートすることで、メンテナンス作業の効率的な運用が可能となる。

今後両社は、ローカル5G環境下で多数のAGVをMRCにより集中制御することで、数百台のAGVが同時に稼働する状況での自動運行制御を目指すとしている。

なお、このシステムは、IGOCにて2022年1月17日より展示公開される。