凸版印刷とエクス、「NAVINECT」と「電脳工場」を連携させ経営から製造までのDX化を実現する新サービスを提供

凸版印刷株式会社と株式会社エクスは、凸版印刷の製造DX支援ソリューション「NAVINECT(ナビネクト)」と、エクスの生産管理システム「Factory-ONE 電脳工場」(以下、電脳工場)をクラウドで連携させた新サービスの提供を、2022年1月20日より開始する。

「NAVINECT」と「電脳工場」を連携させることにより、製造現場の受発注、手配、原価計算、現物在庫管理、生産の見える化、ロットトレースなどの業務をデジタル化した管理が可能となる。

取得したデータを連携活用することによって、新たなデータ管理が可能となり、ロス削減、確実な生産履歴の自動取得、様々な計画への予実管理などが行えるようになる。

凸版印刷とエクス、「NAVINECT」と「電脳工場」を連携させ経営から製造までのDX化を実現する新サービスを提供
「NAVINECT」(青)と「電脳工場」(黄)を連携させた際のシステム関連図。

今後は、デジタル化した製造現場の情報をもとに、企業間や物流など、サプライチェーン全体のDXをのためのソリューションサービスを開発・展開していくとしている。

なお、今回の連携により製造現場のDXが加速する仕組みについてのオンラインセミナーが、2022年2月9日に開催される予定だ。