ソラコムがAIカメラの開発を遠隔体験できる「S+ Camera」トライアル機能を拡張、17種類の汎用AIアルゴリズムが体験可能に

昨今リモートワークやスマート保安による高度化・省人化が急速に浸透しつつあり、AIカメラ活用シーンも、商業施設の混雑度チェック、街中の交通量調査、駐車場の管理など様々な分野で拡がっている。

株式会社ソラコムは 、AIカメラ「S+ Camera」シリーズで、遠隔からAIカメラの操作を体験できる「トライアル機能」をバージョンアップした。従来から提供していた2種類に加えて、17種類の汎用的なAIアルゴリズムをインストールして試用可能となった。

S+ Cameraは、Linuxベースの小型コンピューターとセルラー通信(LTE)を搭載し、取り付けて電源をいれればすぐに使用することができ、カメラに自作のAIアルゴリズムをリモートインストールすることができる。すでにあるAIアルゴリズムをベースにカスタマイズすることで、短期間、少ない開発工程でAIソリューション活用を始めることができる。

トライアル機能では、AIカメラの購入前に、手持ちのパソコンからリモートに設置されたS+ Camera Basicの実機にアクセスし、実際の開発や操作の流れを体験できる。なお、トライアル機能はAIカメラを所有していないユーザーも無料で利用でき、操作方法の詳細はユーザーガイドにて公開されている。

今回追加された、トライアル機能で利用できるアルゴリズム17種類は以下の通り。

  • Congestion Monitor(滞在人数カウント)
  • Customer Attributes(顧客属性判定)
  • Area Alert(禁止エリア侵入検知アラート)
  • Mask Classification(マスク未着用者検知アラート)
  • Number Plate Detection(ナンバープレート OCR)
  • Vehicle Counter(駐車場台数カウント)
  • Cardboard Counter(段ボール検知)
  • Helmet Alert(ヘルメット検知)
  • QR Code Reader(QR コード知)
  • Facial Expression(表情分類)
  • Vehicle Alert(乗り物の物体検知+アラート)
  • Cat Alert(猫の物体検知+アラート)
  • Dog Alert(犬の物体検知+アラート)
  • People Alert(人の物体検知+アラート)
  • Truck Alert(トラックの物体検知+アラート)
  • Smartphone Alert(スマートフォンの物体検知+アラート)
  • Ramen Type Classifier(ラーメン種別推定)