ソフトバンク、月額500円から簡単・手軽に利用可能な法人向けIoTクラウドサービスを提供開始

ソフトバンク株式会社は、月額500円で簡単・手軽に利用可能な法人向けIoTクラウドサービス「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」の提供を2016年5月11日から開始した。

 

同サービスは、IoTを始めるにあたり「まずは使ってみたい」「コストを低く抑えたい」という顧客に対し、機器データ収集・見える化・アラート通知機能を、IoTゲートウエイからデータセンター側のアプリケーションまでワンストップで提供。顧客は同サービスに接続することで、IoTゲートウエイ1台からでも、素早く簡単に、IoTサービスの利用できる。

また、同サービスは、アプリケーションプラットフォームをソフトバンクのクラウド上で運用し閉域網で接続することで、セキュアな利用環境も提供する。

 

同サービスでは、IoTの導入に必要な機能をクラウドサービスとして提供するため、個別の開発コストの発生を抑えて簡単にIoTのスモールスタートが可能だ。

対応IoTゲートウエイ内のソフトウエアが、センサーや機器から収集した生データを、直感的なUIを使って可視化できる値に変換することができる。

また、アプリケーションプラットフォームのテンプレートを用いることで、グラフ・表・地図上での見える化が可能となり、業種を問わず、機器の稼働情報やセンサーデータの見える化を必要とする幅広い方が利用可能だ。

さらに、あらかじめ設定した閾値を超えた場合のアラート通知機能により故障などの検知が容易になり、従来の作業工数の削減が可能になる。

 

「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」について

月額利用料金(税別)

IoTゲートウエイ1台あたり500円

※データ送信間隔を10分、データ保持期間を60日とした場合。
※センサーなどの機器、IoTゲートウエイ、モバイル通信料金は上記利用料には含まれない。

 

同サービスの提供にあたり、顧客およびパートナー各社のコメント

旭光電機株式会社 取締役技術部長 和田 貴志

旭光電機株式会社はソフトバンクの「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」の発表を心より歓迎いたします。当社が所在する神戸市では、神戸市と工業会の連携で「インダストリー4.0神戸プロジェクト」を今年度から推進しており、市内の中小企業の工場設備にセンサーネットワーク端末を導入する上で「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」を利用しています。「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」は手軽に利用可能で、規模の小さな企業でも簡単にIoTのスモールスタートが行えることからIoT新規導入のハードルを大幅に下げます。また、カスタマイズや大規模ユーザー向けに拡張プランが用意されていることで、「つながる工場」の規模拡大など将来的なユーザー数の増加にも柔軟に対応可能なことも、大きなメリットだと感じています。

日本電気株式会社 キャリアサービス事業部 事業部長 中野 雅昭

このたびのソフトバンクの「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」の実現に貢献できたことを大変うれしく思います。NECが提供するCONNEXIVEは、IoTサービスに必要な基本機能を組み込んだサービスプラットフォームであり、簡単かつ低予算で今後本格化するIoTビジネスの導入を支援します。今後も、NECはビジネス、技術面の双方でソフトバンクとIoT向けサービスの拡充を進めてまいります。

ぷらっとホーム株式会社 代表取締役社長 鈴木 友康

ぷらっとホーム株式会社はソフトバンクの「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」の発表を心より歓迎いたします。また、本サービスのIoTゲートウエイとして、弊社のOpenBlocks IoT BX3を活用いただいていることに感謝しております。IoTシステムを素早く・低コストに導入できる本サービスは今後のIoT市場を拡大するとともに、お客さまの提供する製品・サービスの価値向上や業務効率改善へ繋がると確信しております。今後はソフトバンクとのパートナーシップのもと、本サービスを拡販していきます。

サイボウズ株式会社 執行役員 営業本部本部長 栗山 圭太

サイボウズ株式会社はソフトバンクの「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」の発表を心より歓迎いたします。今回、「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」において、センサーから集めたデータをユーザーの業務に合わせて可視化する基盤として、「kintone」を採用いただきました。業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」は現在4,000社を超えるさまざまな業種の企業さまにご契約いただいており、その活用方法も多様化しております。センサーと「kintone」を連携させた業務改善に取り組む企業さまも増えており、今後もこの流れは加速化していくと考えております。「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」が、「kintone」のユーザーはもとより、まだ「kintone」を導入いただいてない企業さまにとっても、業務改善に向けた、新たな解決案となることを期待しております。

株式会社ジェナ 代表取締役 手塚 康夫

株式会社ジェナはソフトバンクの「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」の発表を心より歓迎いたします。「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」を、データ収集を行うプラットフォームとして活用し、弊社が開発するスマートフォンやタブレット向けのアプリケーションと「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」の提供するAPIが連携することにより、モバイルアプリケーションで直感的なUI/UXを用いた分析および高度な見える化が可能になります。ジェナではお客さまのご要件に応じて、モバイルとクラウドを活用した、柔軟にカスタマイズ可能なIoTアプリケーションをご提供いたします。

インテル株式会社 執行役員常務 ビジネスデベロップメント 平野 浩介

インテル株式会社はソフトバンク株式会社の「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」の発表を心より歓迎いたします。インテルプロセッサー搭載のIoTゲートウエイをご活用いただく「IoTクラウドサービス on CONNEXIVE」の登場により、容易にかつ安価にIoT導入が可能となり、さまざまな分野での利活用がさらに加速すると期待しております。インテルは今後もエッジからデータセンターまで先進のセキュリティとビッグデータ基盤ソリューションを提供すると共にソフトバンクをはじめとする業界各社と迅速で安価なIoT基盤の構築を推進してまいります。

 

【関連リンク】
ソフトバンク(SoftBank)
旭光電機(Kyokko)
日本電気(NEC)
ぷらっとホーム(Plat Home)
サイボウズ(Cybozu)
ジェナ(jena)
インテル(Intel)

Previous

ソラコム、USBスティック型の3G対応データ通信端末「AK-020」の販売取扱いを開始

日立、IoTプラットフォーム「Lumada」の提供を開始

Next