OKI、建設現場における情報一元管理システム「T-Communication」を大成建設と共同で開発

従来建設現場では、安全・品質などに関する書類作成に時間と労力を費やしており、その時間短縮、およびデータ処理などに係る管理業務の効率化が課題となっていた。

そうした中、沖電気工業株式会社(以下、OKI)は、建設現場における作業の生産性を向上させる情報一元管理システム「T-Communication」(以下、ティーコミュ)を、大成建設株式会社と共同で開発した。

ティーコミュは、作業者の会話や写真を含む現場の情報をタブレットなどのスマートデバイスを用いてデジタル情報として整理し、自動で帳票を作成する。

その帳票を様々な作業環境から相互に共有・交換したデジタル情報を作業ごとに整理できるほか、ワンプッシュ操作や音声入力などにより、個別情報シートや時系列ごとの一覧表などを自動帳票化することができ、関係者全体での共有やエビデンスとして活用することができる。

OKI、建設現場における情報一元管理システム「T-Communication」を大成建設と共同で開発
「T-Communication」の特徴とメリットを表した概要図。

関係者全員が進捗状況をリアルタイムに確認することができ、従来の手書きによる情報の受け渡しや作業終了後の帳簿作成などの帳票データ作成に関する業務が全て自動で実施可能となった。

なお両社は、2022年4月に竣工予定のOKI本庄工場H1棟をはじめ、大成建設の建設現場10か所でティーコミュの検証を行い、その効果を確認している。OKIは、引き続き大成建設の建設現場約50ヶ所で行われる追加実証実験により得られるデータをもとに、建設現場のDXを行っていくとしている。