クボタとNEC、サトウキビ栽培におけるスマート農業の実証実験を開始

鹿児島県徳之島の農地面積は奄美群島中最大の約4,000haに及び、島の面積の約28%を占めている。その徳之島の基幹作物であるサトウキビは、収穫後の時間経過に伴って品質が低下していくため収穫後速やかに製糖作業を行う必要があり、製糖工場では稼働計画に収穫作業状況を反映させたいというニーズがある。

現状では、収穫作業の稼働状況をタイムリーに把握・共有できていないため、製糖工場ではサトウキビ搬入量の予測が難しく、当日の操業予定時間を長めに設定せざるを得ないほか、操業に必要なサトウキビが搬入される迄の待機時間が生じる等、影響が出ている。また、現在サトウキビの生育状況の確認を目視で行っているため、多大な労力と時間が必要となっている。

株式会社クボタ、日本電気株式会社(以下、NEC)、南西糖業株式会社、有限会社南西サービス、鹿児島県大島支庁徳之島事務所農業普及課(以下、農業普及課)は共同で、鹿児島県徳之島にてサトウキビ栽培におけるスマート農業の実証実験を2022年2月から2年間、実施する。

同実証実験では、約3,000haのサトウキビ農地を管理する南西サービスと協業し、サトウキビ収穫機の稼働情報をクボタの営農支援システム「KSAS」に送信し、機械の位置情報や稼働時間のデータが収穫作業の進捗状況の把握に役立つかを検証する。

また、NECの農業ICTプラットフォーム「CropScope」を活用し、衛星・ドローンで撮影した画像のAI解析などによる初期生育状況の把握や収量予測も行う。南西糖業は収穫作業の進捗状況と連動した製糖工場の稼働最適化の検討を行い、農業普及課は地域農家への営農指導を行う。

クボタとNEC、サトウキビ栽培におけるスマート農業の実証実験を開始
設置センサー