つがる市、水耕栽培技術とIoTを活用してメロンの通年栽培に向けた実証実験を開始

青森県つがる市産のメロンは「令和元年 市町村別農業産出額(推計)データベース」で鉾田市・熊本市に次ぐ全国3位(約26億円)となっている。国内有数のメロン生産地だが、農業従事者の高齢化や後継者不足により生産量も減少傾向にある。また、メロンの栽培期間が夏期に限られることから、収益性が課題になっている。

つがる市と県、地元生産団体らでつくる「つがるブランド推進会議」は、2020年7月から同市内のガラス温室で、メロンの通年栽培を目指し水耕栽培の実証試験を行っている。2020年度は「試験栽培」に取り組み、2021年度は「栽培方法の改良・品種による比較」、2022年度以降は「実用化・栽培の普及」を目指している。

同実証実験では、東京都町田市の町田商工会議所と協力10企業とが連携して取り組んでいる水耕栽培技術「町田式新農法」を導入しており、ガラス温室に隣接する温泉施設の温泉熱を利用し、冬期間は温室内の室温を調節している。

また、東日本電信電話株式会社のスマート農業技術を活用してIoTセンサー装置とIoTカメラを導入し、温室内の温度、湿度、日射量、水温、二酸化炭素濃度などのデータを常時測定している。スマートフォンやパソコンで栽培環境や温室内のライブ映像を確認することができ、このデータを蓄積することで、経験や勘だけに頼らない生産や見回り業務などの負担軽減を図る。

試験栽培は、年3回収穫を行う栽培サイクルで実施する。一般的な土耕栽培メロンでは一株からの収穫量は4個程度だが、これまでの実証試験では、1株当たりの収穫量は夏場が約20個、冬場が約15個となった。将来的には、施設内の作付環境を改善しながら1株から30個の収穫量を目指すとしている。

つがる市、水耕栽培技術とIoTを活用してメロンの通年栽培に向けた実証実験を開始
地面に温泉の配管が通るハウスを試験場所として利用
つがる市、水耕栽培技術とIoTを活用してメロンの通年栽培に向けた実証実験を開始
ハウス内のセンサーで温度・湿度・日射量などを測定
つがる市、水耕栽培技術とIoTを活用してメロンの通年栽培に向けた実証実験を開始
スマートフォンで温室内の情報を確認
日本海側に位置するつがる市において大きな課題となるのが、冬場の日照不足である。日照不足を補うため、これまで蛍光灯、LED、メタルハライドランプの3種の照明を使って補光効果を検証してきた。その結果、メロンの生育状況やコスト面においてLEDが最も適していたことから、現在はLEDの照明数の違いによる試験を行なっている。

糖度については季節・条件に関係なく概ね平均15度を維持できているが、玉の大きさのバラツキが散見されているとのこと。メロンの品種ごとの生育状況や収穫量の違いについても試験を行っており、過去4回の試験栽培において蓄積したデータを基に今期(1月播種・4月収穫)は「地元主力品種の冬期栽培試験」と「光合成促進剤による生育比較試験」を行うとしている。

つがる市、水耕栽培技術とIoTを活用してメロンの通年栽培に向けた実証実験を開始
温室ハウス内の栽培槽
現在約30坪の温室内の栽培槽は4槽(1槽1株)あるが、2022年8月上旬には栽培面積を約120坪増やして栽培槽を22槽にし、より多くの条件下でメロンを栽培し、詳細な試験データの蓄積と分析を重ねていくという。また、継続的な出荷体制を確立するために2系統で栽培し、収穫量を2022年度は900玉程度、2023年度以降は1900玉程度を目指すとのことだ。