NECとウイングアーク1st、製造業の現場改善に向けてデータ利活用の事業連携を強化

近年、DXの加速や増加する自然災害への対応、脱炭素への対応など、製造業を取り巻く環境もますます複雑化している。こうした中、リアルタイムに状況を把握し最適な状態へ継続的に変化するため、保有するデータを活用した変動対応力の向上や変革力の強化が求められている。

一方で、製造現場における設備や製造工程などの様々なデータを収集しても「分析手法が分からない」「データが関連づいていない」「分析するDX人材がいない」等の理由から、収集したデータを効果的・効率的に活用できていないことが課題となっている。

日本電気株式会社(以下、NEC)とウイングアーク1st株式会社は、製造業の現場改善に向けたデータ利活用の事業連携を強化することを発表した。

具体的には、NECの製造業向けIoTプラットフォーム「NEC Industrial IoT Platform」とウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard」の連携により、製造現場のデータを活用した改善活動のサイクルを短期化し、企業自身によるデータドリブンな改善活動を促進する。

連携の第一弾として、NECが提供する現場改善コンサルティングサービス「NEC ものづくりDX改善アプローチ」を通じて、両社のものづくり領域におけるノウハウを活用し、企業のデータ分析および効果検証を支援する。

NEC ものづくりDX改善アプローチは、NECの生産革新活動で培った「匠の改善アプローチ」をデジタル化し、企業が既に取得している現場データに加え人作業のデータを合わせて分析・効果検証を行う現場改善コンサルティングサービスである。

具体的には、企業の現場データとNECの人作業ナビゲーションやNECビデオマネジメントシステムアプライアンスサーバから取得した人作業データをNEC Industrial IoT Platformに格納してデータ分析・効果検証を行い、改善の方向性を明確にできるという。

同サービスにMotionBoardが連携することで、製造業に特化したデータの表現が可能となり、ものづくり現場におけるより高度な各設備・人のデータを見える化・分析を行い、素早く改善効果を出すことができるとのこと。なお、MotionBoardは今後の強化としてカメラ動画との連携も予定している。