HACARUS、AI・ロボットアーム・照明付きカメラを組み合わせた外観検査システム「HACARUS Check」を提供開始

株式会社HACARUSは、AIとロボットアーム、照明付きカメラを組み合わせた外観検査システム「HACARUS Check」を販売開始した。

同システムは、従来の検査機器では難しかった複雑な形状の立体物(鋳造品やプレス加工品など)について、全方位から0.1ミリの不具合まで検出することができる。セット内容は、検査用協働ロボット、カメラ、照明、回転昇降台、非常停止ボタン付きエンクロージャ(筐体)、PC(パソコン)、AI検査ソフトウェアとなっている。

HACARUS、AI・ロボットアーム・照明付きカメラを組み合わせた外観検査システム「HACARUS Check」を提供開始
(左)ロボットアームと連動してLED照明が点滅し、ワーク表面の不具合を検出する。
(右)昇降台が上下し回転することで、ワークの側面や裏面などを様々な角度から撮像する。
同システムを活用することで、製造業向けにDXのモデルを提示し、省力化と品質向上の両立を後押しする。

HACARUSは、販売ターゲット層は自動車部品メーカーの生産技術や品質管理の部門などで、同システムの初年度の販売目標として20台を掲げている。

なお、同システムの価格は1,500万円~(税別)である。