横河ソリューションサービスとNTT Com、化学プラントの運転を支援する「AIプラント運転支援ソリューション」を提供

横河ソリューションサービス株式会社とNTTコミュニケーションズ株式会社は本日、化学プラントの運転をAIにより支援する「AIプラント運転支援ソリューション」を、2022年4月8日より提供開始することを発表した。

「AIプラント運転支援ソリューション」は、稼働中の化学プラント内の各種センサから取得した、温度や圧力などのデータ(以下、プロセスデータ)をもとに、AIモデルが運転員に手動オペレーションの推奨値をガイダンス表示するものだ。

横河ソリューションサービスとNTT Com、化学プラントの運転を支援する「AIプラント運転支援ソリューション」を提供
「AIプラント運転支援ソリューション」のガイダンス表示例

ソリューション開発にあたっては、横河ソリューションサービスが提供するプラント制御改善コンサルティングのノウハウ、NTT Comが提供するAI開発ツール「Node-AI」により作成されたAIモデルを組み合わせている。

導入までの流れは、両社が利用者のプラントに蓄積されたプロセスデータを預かり、分析とヒアリングの上、「AIプラント運転支援ソリューション」の適合性を確認する。

適合性が確認できた場合は、化学プラント向けAIモデル構築と、現場での実用性を評価する実地検証を行う。評価結果をもとに、利用者が導入を判断の上、利用と保守・運用を開始する。

横河ソリューションサービスとNTT Com、化学プラントの運転を支援する「AIプラント運転支援ソリューション」を提供
「AIプラント運転支援ソリューション」導入の流れと期間

「AIプラント運転支援ソリューション」の特長

横河ソリューションサービスとNTT Com、化学プラントの運転を支援する「AIプラント運転支援ソリューション」を提供
「AIプラント運転支援ソリューション」概要図

(1)推奨値の根拠提示

AIモデルが運転員に、手動オペレーションの推奨値をガイダンス表示。加えて、その根拠も提示する。

(2)自動再学習による推奨値のガイダンス表示

蓄積された運転員の操作履歴の中から、現状に近い状況で収集された操作履歴などを抽出し、自動再学習を行う。その結果、新たな環境に沿ったルールを導き出し、生産量や外部気温など、周辺環境が変化した場合でも環境の変化に適応し、常に最適な手動オペレーションの推奨値をガイダンス表示する。

(3)アジャイル開発の採用

現場のニーズに合わせて小規模の開発とリリースを繰り返す開発手法であるアジャイル開発を採用。ソリューション導入後の現場ニーズを踏まえた機能追加など、通常数カ月を要する対応を1カ月程度で実施することが可能。