三菱電機、AI搭載の無人搬送ロボットを活用した「手ぶら観光ソリューション」の実証実験を開始

観光地では、観光客が買い物をした際に手荷物が増えると持ち歩きが大変で、観光地内での飲食やイベントを自由に楽しむことができない、買い物の順序を考えながら購入しなければならないといった課題があった。また、瓶など重量物の買い控えで店舗が販売機会を逸したり、観光客が店舗に預けた購入品の受け取り忘れも発生していた。

三菱電機株式会社は、大型商業リゾート施設「VISON」において、観光客の購入品を無人搬送ロボットが各店舗から収集し、観光客が指定し店舗のタブレットから店員が設定した時刻・場所へ自動で届ける「手ぶら観光ソリューション」の実証実験を、2022年4月19日から4月22日まで実施する。

三菱電機、AI搭載の無人搬送ロボットを活用した「手ぶら観光ソリューション」の実証実験を開始
手ぶら観光ソリューションの実証実験で使用する無人搬送ロボット
同ソリューションは、観光客の購入品を無人搬送ロボットが各店舗から収集し、指定の受け取り時刻・場所に最適な経路で搬送することで、観光客が購入品を持ち歩く必要が無くなり、手ぶらでの観光を実現する。店舗のタブレットで指定した受け取り時刻・場所はスマートフォンからも確認・変更可能だ。これにより、重量物の買い控えに対する販売促進、店舗に預けた購入品の受け取り忘れ防止などで店舗運営を支援する。

また、三菱電機のAI技術「Maisart」により、曜日や時間帯などによって変化するロボットの走行エリアである歩道の混雑度を93.3%の予測精度で予測し、無人搬送ロボットの移動所要時間を統計的に決定する。決定した移動所要時間をもとに各店舗を経由して、指定された時刻から前後5分以内に観光客の受け取り地点に到着する搬送スケジュールを自動で作成することで、指定時刻での自動搬送を実現する。

三菱電機、AI搭載の無人搬送ロボットを活用した「手ぶら観光ソリューション」の実証実験を開始
移動所要時間決定のイメージ
さらに、無人搬送ロボットに複数のロッカーを搭載することで1回の搬送で複数客に対応できる。商品サイズとロッカー容量に応じて、同じ観光客の複数店舗での購入品を同じロッカーに格納するなど、数学的に最適な組み合わせを求める方法によりロッカーの割り当てを最適化する。

これにより、店員の購入品格納時や観光客の購入品受け取り時に最低限のロッカー開閉で済むなど利便性の向上が期待できる。また、ロッカーの鍵の解除コードは「そのロッカーを開閉する店員と観光客」のみに通知されるため、格納ミスや受け取りミスを防止する。

三菱電機、AI搭載の無人搬送ロボットを活用した「手ぶら観光ソリューション」の実証実験を開始
ロッカーの割り当てを最適化したときのイメージ