NEC、オーストラリアの政府機関に生体認証システムを提供

NECの100%子会社であるNECオーストラリアは、オーストラリア連邦政府機関であるCrimTrac(クリムトラック)と、指紋認証技術・顔認証技術を用いた生体認証システムの導入、ならびに5年間のシステム運用・管理・保守サービス(マネージドサービス)の提供に関する契約を締結した。

CrimTracは、オーストラリアの警察組織や移民国境保護省などを対象に情報共有サービスを提供している公的機関だ。NECが提供する生体認証システムは2017年に稼働開始予定であり、現在CrimTracが運用している自動指紋認証システムの後継システムとして利用される。

新たな生体認証システムの導入により、警察などが保有する約670万件の指紋や1,200万件の顔画像のデータベースを、オーストラリア関係当局間で共有し、犯罪捜査や国境警備などに役立てることが可能になる。例えば、防犯カメラで撮影された不審人物の顔画像をCrimTracのデータベースと照合して個人特定を行う、といった運用が考えられる。

 

NECの指紋認証技術・顔認証技術は、米国国立標準技術研究所が実施したベンチマークテストにおいて、世界1位の照合精度を有するとの評価を得ているという(注)。今回のCrimTracのほか、米国アリゾナ州交通局、ブラジル主要14国際空港における税関業務など、これまでに世界70カ国以上で導入されている。

 

(注)NEC、米国国立標準技術研究所(NIST)の顔認証技術ベンチマークテストで3回連続の第1位評価を獲得
NEC、米国国立標準技術研究所(NIST)の指紋認証技術 ベンチマークテストにおいて第1位の評価を獲得

 

【関連リンク】
日本電気(NEC)
クリムトラック(CrimTrac)

Previous

富士通研究所、AIを活用した業務指向の対話技術を開発

大塚商会、機械学習を利用した無料のデータ分析サービスを提供開始

Next