デロイト トーマツ、全社規模のデジタル人材育成を行う総合サービス「デジタル人材育成プラットフォーム」の提供を開始

デロイト トーマツ グループは本日、デジタル人材の育成を中心とする総合サービス「デジタル人材育成プラットフォーム(DHR Platform)」の提供を始めることを発表した。

「デジタル人材育成プラットフォーム」では、デジタル人材の育成について、デジタル人材要件定義・アセスメント、育成体系・施策の立案といったコンサルティングを通じて、サービス設計が行われる。

また、デロイト トーマツが実施している「デジタル人材志向性調査」の結果を基にしたアセスメント項目より、デジタル領域への適性を評価(適性マッチング)したり、各自が人材タイプおよびDXで担う職務の実施レベルに照らした自己評価(スキルマッチング)を行ったりすることで、個々人の知識・スキルを特定した上で、学習プログラムの提供を人材タイプ・レベル別に提供する。

さらに、習得した知識・スキルの実践を、各社のビジネスや業務を通じて行うための伴走支援型のコンサルティングサービスも提供。自社内に実践環境を構築することが難しい新ビジネスや専門領域については、デロイト トーマツでの実践経験も可能だ。

加えて、人材育成の前提にもなる組織全体のDX戦略や組織設計、デジタル人材が活躍するための風土変革・浸透などにも対応するとしている。

「デジタル人材育成プラットフォーム」の主な内容

デロイト トーマツ、全社規模のデジタル人材育成を行う総合サービス「デジタル人材育成プラットフォーム」の提供を開始

デジタル人材育成コンサルティング【図表:Step1、2】

人材タイプを「ビジネスプランナー」、「データサイエンティスト」、「AIエンジニア」、「サイバーセキュリティスペシャリスト」、「デジタルアーキテクト」、「UXデザイナー」、「UIデザイナー」と設定し、強化すべき機能・役割の明確化および、求める人材像(人材タイプ)を定義する。

上記の人材タイプをベースに、各社が組織全体で必要な人数規模を設定する。あわせて、人材の知識・スキルなどの把握や、デジタル人材のタイプ別の候補者を見つけるための人材アセスメントを実施。その結果に基づき、人材ポートフォリオを策定の上、採用・配置・育成・評価・処遇方針といったデジタル人材育成体系を整備する。

デジタル人材育成・学習プログラムの提供【図表:Step3】

人材タイプとスキル習熟に応じたレベル別の学習プログラムを定義し、e-learningやワークショップ型の研修を提供する。

例えば、ビジネスプランナーに対しては、DX企画立案やデジタル技術の基礎などのデジタルスキルと、デザイン思考、チェンジマネジメント、ロジカルシンキングなどのビジネススキル双方を含めた研修を想定している。研修の対象にはデジタル基礎人材も含まれており、全社的なデジタルリテラシーの習熟度の底上げを図る。

実践経験の場の提供【図表:Step4】

研修受講者が、デロイト トーマツのデジタル関連のプロジェクトに関与する等のOJT経験を提供。身に着けた知識を実践する機会を通じて、より深い知識の習得を促す。

また、デロイト トーマツ グループで人材派遣や紹介といったサービスを提供するデロイト トーマツ人材機構株式会社(DTHR)が、直接の窓口となって教育委託契約を締結し、グループ各社での実習機会を提供する。

DX関連のサービス提供

自社ビジネスの環境での実践をサポートする伴走支援や、デジタル人材が活躍するための組織全体の風土・カルチャー変革、チェンジマネジメント、育成した人材の再配置や再配置後の支援などのサービスを提供する。

また、企業のDX戦略策定から実装まで、様々なサービスを提供することも可能。「デジタル人材育成プラットフォーム」も、DXビジネス変革、業務・テクノロジー変革、DX組織設計等の領域と連携させ、総合的な取り組みとして提供する。