NTT Com、制御システムのセキュリティを強化するサービス「OsecT」を開始

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は、中小企業を中心に、工場の生産ラインなどを支える制御システムのセキュリティリスクを可視化・検知する「WideAngle プロフェッショナルサービス OsecT(オーセクト)」(以下、「OsecT」)を、2022年4月25日より提供開始することを発表した。

「OsecT」は、制御システムのデータをクラウド上で収集・蓄積・分析することで、可視化と検知の機能を提供するサービスだ。

NTT Com、制御システムのセキュリティを強化するサービス「OsecT」を開始
「OsecT」の提供範囲、機能、内容。

制御システムを構成する機器のOSバージョンや機器同士の接続構成可視化、未知の機器接続や不自然な流量の通信などの異常検知が可能だ。

また、可視化や検知の状況は、リモート環境から専用のポータルサイトで確認することができる。

「OsecT」の主な特長

NTT Com、制御システムのセキュリティを強化するサービス「OsecT」を開始
「OsecT」のイメージ図。

容易な導入

「OsecT」は、機能を厳選することで、月額6万円(税込6.6万円)で提供している。また、申込方法は営業担当からの申し込みに加え、NTT Comが運営する法人向けICTサービスECサイト「ICT Business Mall」からの申し込みも可能だ。

設定済みのセンサが納品されるため、導入が容易になっている。

制御システムへの設定が不要

制御システムへの設定が不要で、工場の生産ラインの稼働に影響を与えることなく導入することが可能。また、収集・蓄積・分析するデータを新たに制御システムに要求せず、通信経路上を流れる既存データを活用するため、制御システムのCPU圧迫などにより工場の生産ラインへの影響がない。

可視化・検知機能

可視化機能により、セキュリティを強化すべき機器や通信経路が把握することができる。また、検知機能により、異常をリアルタイムでアラート通知する。

NTT Com、制御システムのセキュリティを強化するサービス「OsecT」を開始
未知の機器接続を検知した画面

セキュリティ

工場の生産ラインの制御情報など、機微なデータはセンサで除く仕組みとなっている。また、クラウドへのデータアップロードで利用する通信網は、IoT向けモバイルデータ通信サービス「IoT Connect Mobile Type S」と、閉域によるデータ流通を可能とする「Flexible InterConnect」を組み合わせた構成であり、通信も暗号化されるため、秘匿性の高いデータが外部に流出することや盗聴される心配がなく、可視化や検知が可能だ。