オプテックス、遠距離・多地点のインフラ設備などを遠隔監視する3軸傾斜センサ「OFM-111S」を発売

オプテックス株式会社は、企業や自治体のDX推進を支援するソリューションとして、簡易モニタリング事業を展開しており、新たに通信内蔵の3軸傾斜センサ「OFM-111S」の販売を開始することを発表した。

「OFM-111S」は、送電・電波網やのり面に囲まれる交通網などの遠隔監視を目的として開発された、無線ユニットとバッテリーを内蔵している3軸傾斜センサで、設備に生じる傾きや振動を検知・通知し、遠隔監視によるモニタリングを行うことができる。

設定した間隔でデータ送信される定期送信に加え、アラート機能では、閾値を超える揺れや衝撃を検知すると、アラートを連続で発報。1分ごとの状況変化をメール等で担当者へ通知する。

オプテックス、遠距離・多地点のインフラ設備などを遠隔監視する3軸傾斜センサ「OFM-111S」を発売
定期送信とアラート送信を行うことができる。