キリン、調剤薬局向けの在庫管理サービス「premedi」を発表

キリンホールディングス株式会社は、調剤薬局向けの新規事業「premedi(プリメディ)」を、4月26日より首都圏を中心にテスト展開を開始したことを発表した。

「premedi」は、キリングループのマーケティングリサーチの知見を活用した独自のAI予測リコメンド手法により、各調剤薬局店舗に適正な在庫管理を提案する置き薬サービスだ。

具体的には、調剤薬局からの過去の出荷データから、取り扱い頻度は低いものの調剤の可能性のある医薬品をAIで予測し、医薬品を約100種類提案するとともに、保管棚を貸し出すといったものだ。(トップ画のイメージを参照)

また、医薬品はキリンホールディングスの販売パートナーが小ロットで販売し調剤薬局に届け、使用期限の近付いた医薬品は販売パートナーが買い取る(※)ことができるため、取り扱い頻度が低い医薬品の欠品を減らすことができる。

キリン、調剤薬局向けの在庫管理サービス「premedi」を発表
サービスを3ステップで表したイメージ図

※ 販売パートナーの買い取りは、別途定める条件を満たす医薬品に限る。