アステリア、業務アプリ作成ツール「Platio」のアプリを販売することができる「Platio One」を開始

アステリア株式会社は、モバイルアプリ作成ツール「Platio(プラティオ)」で利用できる業務アプリを、システム開発企業やコンサルティング企業がそれぞれの顧客企業に提供できる新サービス「Platio One(プラティオワン)」を、5月6日より開始したことを発表した。

「Platio One」は、Platioを販売するPlatioサブスクリプションパートナー等が作成したPlatioアプリを製品化し、販売することができる新たなサービスだ。

「Platio One」を契約した企業は、「Platioアプリプロバイダー」(以下、アプリプロバイダー)として、自社のノウハウや技術をもとに作成した独自アプリを自社顧客に販売することが可能だ。

また、アプリプロバイダーとPlatioユーザをつなぐ専用Webサイトを5月中に開設予定だという。

今後は、「Platio One」を通じてアプリプロバイダーが作成・提供するPlatioアプリを、2022年度末までに100アプリ以上に拡充していくとしている。