REVOX、2D図面から自動で見積りを算出するAIを搭載した「SellBOT」を発表

株式会社REVOXは、2D図面からAIにより自動で見積りを算出する「SellBOT(セルボット)」を、2022年6月22日より発売することを発表した。

「SellBOT」は、主に金属の部品加工業向けのシステムだ。依頼者がアップロードした2D画面を自動で形状認識し、依頼を受けた加工会社が外寸と数量を入力することで、蓄積された学習データを基に、AIが見積りを算出する。

また、顧客からの見積依頼、見積回答、受注、材料発注を一元管理(EDI機能)することもできる。

REVOX、2D図面から自動で見積りを算出するAIを搭載した「SellBOT」を発表
依頼一覧の画面のイメージ

さらに材料費の算出は、白銅株式会社の「白銅ネットサービス」と連携しており、自動で表示される。受注後はセルボットから発注することも可能だ。