アシオット、既存の機械式計器に後付けすることで遠隔自動検針及び点検自動化を行う「ASmart Camera」を開発

アシオット株式会社(以下、ASIOT)は、2020年10月より、後付けのアタッチメント(OCRカメラ)により既存の機械式メータの検針値自動収集や可視化を行う「OCR式LPWA自動検針サービス」を提供している。

そうした中ASIOTは本日、既存の機械式計器に後付けすることで指針値を自動収集し、遠隔自動検針及び点検自動化を行う「ASmart Camera」を開発し、2022年5月16日より発売を開始したことを発表した。

「ASmart Camera」と既存製品(OCRカメラ)はお互いに補完し合い、複数の指示針式計器・フローメータ・LEDランプを、エッジAIが同時に読み取ることも可能だ。

アシオット、既存の機械式計器に後付けすることで遠隔自動検針及び点検自動化を行う「ASmart Camera」を開発
「ASmart Camera」の概要

さらに、「ASmart Camera」本体に学習済みAIモデルを移植させると、商業施設での人数カウンターや行列感知、福祉施設での人物追跡、行動検知などでも活用することができる。