ソラコム、アトムテックと協業し月額990円から使える法人向けクラウドカメラサービス「ソラカメ」の提供を開始

ネットワークカメラの法人利用のニーズが高まっている一方、既存のカメラソリューションは初期投資(機器・設置工事)が高額であったり、データ保存環境の整備が必要なことや、初期設定や操作方法が煩雑であるという課題があったという。

そうした中株式会社ソラコムは、アトムテックのネットワークカメラ「ATOM Cam 2」と、ソラコムが提供するIoTプラットフォームを融合して共同開発した、クラウドカメラサービス「ソラカメ」を2022年5月18日より提供開始する。

「ソラカメ」は、カメラの映像をクラウドに常時録画できるクラウドカメラサービスで、1台から導入することができる。

初期設定スマホを用いて行うことができ、アプリから複数台のカメラ端末の管理が可能。カメラのリアルタイム映像のモニタリング、過去録画の閲覧を行うことができる。

また、カメラにはスピーカーとマイクが付いており、アプリで映像を見ている人が、双方向通話機能を用いて設置現場にいる人と会話することも可能だ。

カメラの映像は24時間録画され、常時クラウドへ保存し、カメラが動きや音などの変化を検知したシーンだけを録画し、一覧表示するモーション検知機能も搭載している。

今回、協業の第一弾として、アトムテックの提供する「ATOM Cam 2」が「ソラカメ」に対応。「ATOM Cam 2」は、Wi-Fiと電源があれば設置できる一辺約5cmのカメラだ。

ソラコム、アトムテックと協業し月額990円から使える法人向けクラウドカメラサービス「ソラカメ」の提供を開始
「ソラカメ」に対応したアトムテックの「ATOM Cam 2」

フルHDの高解像度、夜間でもカラー映像でみられるカラーナイトビジョン、赤外線LEDによる白黒撮影にも対応している。

想定利用シーンは、小売業では店舗内の混雑度や棚に陳列された商品の増減のモニタリング、製造業では設備に複数のカメラを取り付け、メーター目視チェックの代替やライン稼働状況モニタなどが挙げられている。

ソラコム、アトムテックと協業し月額990円から使える法人向けクラウドカメラサービス「ソラカメ」の提供を開始
「ソラカメ」の利用想定シーンや概要を表した図

利用料金は、初期費用としてカメラ一台あたり2,980円、ライセンス体系は、クラウド常時録画の保存期間に応じて7日、14日、30日の3パターンから選ぶことができ、月額990円から利用することが可能。

また、2022年5月25日までの間、1台1,490円で購入できるキャンペーンを実施している。(※14日または30日のライセンス契約者が対象。1顧客あたり100台まで。)

今後は、クラウド上で適用できるAIアルゴリズムの提供、AIアルゴリズムを購入して使えるAIマーケットとの連携、開発者向けのAPI提供、クラウド連携などの機能追加を検討しているという。