NTTデータが車内空間サービス「モビコマ」のベータ版をリリース、オリックス自動車が提供開始

株式会社NTTデータは、観光MaaS「モビコマ」のベータ版を、2022年6月15日より沖縄でリリースすることを発表した。

「モビコマ」は、車内に複数設置された専用タブレットを通して、旅のプランを設定できたり、キャラクターから位置情報や目的地を元におすすめスポットの情報が届いたりといった、車内空間でのサービス提供に特化した、レンタカー・カーシェアなどの事業者向けの観光MaaSサービスだ。

NTTデータが車内空間サービス「モビコマ」のベータ版をリリース、オリックス自動車が提供開始
車内の専用マルチデバイスを使って、旅行プランを編集したり、行き先を考えたりしているイメージ。

移動体事業者は移動体験・観光体験の価値を高め、モビリティサービスの差別化を図ることができる他、目的地サイドの事業者との提携、広告配信や送客ビジネスなど、新たな価値創出を行うことができる。

観光事業者や自治体などは、車内空間を接点とした新しい観光サービスを提供することで、観光需要を創出し、地域経済の活性化に寄与することが期待される。

まずはオリックス自動車とJTBコミュニケーションデザインが協業し、6月から9月にかけて一般の旅行客数千人を対象に、那覇空港近辺でのレンタカーに同サービスを導入する。

今後NTTデータは、2023年度に「モビコマ」の商用化を目指し、観光分野での同サービスの対象レンタカー・カーシェア事業者を拡大するとしている。

また、複数社への導入や対象エリアを拡大、自家用車への展開や自動運転車への搭載に向けて、自動車会社とも検討を進めていく予定だ。