凸版印刷・北里大学・ソフトバンク、119番通報の現場と医療機関のリアルタイム映像共有システムの共同研究を開始

凸版印刷株式会社、北里大学、ソフトバンク株式会社は、119番通報の現場と医療機関の情報伝達における、セキュリティーを担保したリアルタイム映像共有システムの共同研究を、2022年7月より開始することを発表した。

この共同研究では、119番の通報者や現場に出向く救急隊、搬送予定先の医療機関の医療従事者などが、スマートフォンのカメラの映像を通して、現場の状況をリアルタイムに共有する仕組みの構築を目指す。

具体的には、医療従事者の本人確認や保有資格の確認ができる凸版印刷の「本人確認アプリ」と、遠隔地にいる人同士がスマートフォンの映像を見ながら、リアルタイムにコミュニケーションを取れるソフトバンクの「visuamall VISUAL TALK(ビジュアモール ビジュアルトーク)」を連携させ、必要な資格を保有する医療従事者のみが現場の映像にアクセスできる映像共有システムを構築する。

まずは、高度な診療機能を有する三次救急医療機関である北里大学病院 救命救急・災害医療センターの医師や看護師が、救急現場に出動するドクターカーからの情報伝達や、別室にいる患者や他の医療従事者との情報伝達に、このシステムを活用し、その有用性やセキュリティー、使い勝手などの評価を行う。

凸版印刷・北里大学・ソフトバンク、119番通報の現場と医療機関のリアルタイム映像共有システムの共同研究を開始
北里大学病院 救命救急・災害医療センターのドクターカー

また、それらの評価を基にシステムの改善を図るとともに、北里大学病院がある神奈川県相模原市の消防機関と連携し、救急車の出動時にこのシステムを活用する実証実験を、2023年度中に実施することを目指しているという。

さらに、2023年4月に設置予定の北里大学 未来工学部との連携により、このシステムに集積された映像などのメディカルビッグデータをAIで解析し、救急医療分野における複雑なデータ抽出や活用のためのAI・統計モデリングの新手法を開発するとしている。