南紀白浜エアポート・NEC・凸版印刷・マクニカ・JAL、「MR空港体験」の実証実験を南紀白浜空港にて開始

南紀白浜空港では現在、南紀白浜空港バックヤードツアーとして、場周道路からの航空機の離発着見学などの体験ツアーを実施している。

そうした中、新たな体験コンテンツ開発へ向け、株式会社南紀白浜エアポート、日本電気株式会社(以下、NEC)、凸版印刷株式会社、株式会社マクニカ、日本航空株式会社(以下、JAL)は、和歌山県の南紀白浜空港において、MR技術やローカル5Gを活用して、仮想空間にあるデジタルコンテンツと滑走路などの現実空間を融合させた、「MR空港体験」の実証実験を2022年8月19日〜24日に開始する。

「MR空港体験」では、MRグラスを装着して仮想空間上の飛行機へペイントを施し、そのペイントしたオリジナル飛行機が、実際の滑走路に実寸大のサイズで着陸する様子を見ることができる。

南紀白浜エアポート・NEC・凸版印刷・マクニカ・JAL、「MR空港体験」の実証実験を南紀白浜空港にて開始
オリジナル飛行機着陸映像のイメージ

参加者それぞれのペイントした情報は、ローカル5Gを介して低遅延で同期することにより、お互いのペイントの様子をリアルタイムに確認することができる。これにより、参加者全員でペイントを行うことができる。

また、MRグラスをかけていない見学者も、ターミナルビル内のディスプレイから、参加者が飛行機にペイントする様子を見学することが可能だ。

南紀白浜エアポート・NEC・凸版印刷・マクニカ・JAL、「MR空港体験」の実証実験を南紀白浜空港にて開始
「MR空港体験」実証実験の概要

なお、ターミナルビル内から場周道路へは、マクニカの提供する仏NAVYA社製の自動運転車両「EVO」を使用し、自動運転車両に乗車して移動する。

今後5社は、実証実験で得られた結果をもとに、2023年度以降のサービス提供に向け、運用方法・サービス内容を検討していくとしている。