SNCSP、IoT・DXノーコードプラットフォーム「MEEQ」と連携するAIサービスを新たに開始

ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム株式会社(以下、SNCSP)は、IoT・DXにおけるノーコードプラットフォーム「MEEQ(ミーク)」を提供している。

そして本日、IoTデバイス等から送信されたデータをAIが処理する「MEEQ AI」サービスを開始したことを発表した。第一弾の機能として、Webカメラの画像等から炎を検出する「MEEQ AI 炎検出β」の提供を開始する。

「MEEQ AI」は、MEEQデータプラットフォームと連携して使用するデータ処理SaaSだ。IoTデバイスからアップロードされるデータを、AIで様々に処理して業務等の自動化をノーコードで実行することができるサービスだ。

SNCSP、IoT・DXノーコードプラットフォーム「MEEQ」と連携するAIサービスを新たに開始
「MEEQ AI」の概要図。MEEQデータプラットフォームと連携している。

「MEEQ AI 炎検出β」では、下図のように、監視カメラからアップロードされる静止画を都度検査し、炎が映っている確度を数値化する。確度が設定値以上なら、Webhookもしくはメールで通知するアクションを設定することが可能だ。

SNCSP、IoT・DXノーコードプラットフォーム「MEEQ」と連携するAIサービスを新たに開始
「MEEQ AI 炎検出β」の概要図

監視カメラ機種の指定はなく、JPEGおよびPNG形式の静止画を分析する。

なお、「MEEQ AI」は、「MEEQ SIM」、セキュアな通信「MEEQ閉域ネットワーク接続」、オンラインデータベース「MEEQデータプラットフォーム IoTストレージ」、データ連携機能「MEEQデータプラットフォーム データハブ」を使用する。

上記サービスはそれぞれ有料だが、「MEEQ AI 炎検出β」の提供は無料だ。

今後は、様々な機能を「MEEQ AI」として追加リリースしていく予定だという。