マクニカと芝浦機械、門形マシニングセンタMPFシリーズにおいてAIを活用して加工状態を判断する機能追加の検討を開始

日本の工作機械メーカーにおいて、工作機械の加工状況の管理や工具の摩耗管理などは、従来ベテラン職人の知見に依存した作業であり、工作機械の高度化における課題の一つであったという。

そうした中、株式会社マクニカと芝浦機械株式会社は本日、門形マシニングセンタMPFシリーズにおいて、AIを活用して加工状態(チッピング、びびり等)を判断し、最適制御の自動化を目指して検討していることを発表した。

この検討においては、マクニカのAI専門家組織「AI Research & Innovation Hub(ARIH)」が提供するAI社会実装サービス「Re:Alize」を活用し、芝浦機械に対するAIの実装を支援した。

具体的には、加工情報を用いて学習することによる知能化や、技術や経験のデジタル化、敵対生成ネットワークを活用した異常データの贋作AIの実現などを検討していくのだという。

マクニカと芝浦機械、門形マシニングセンタMPFシリーズにおいてAIを活用して加工状態を判断する機能追加の検討を開始
リアルタイムの加工情報からAIが加工状態を推定(イメージ図)