横浜ゴム、タクシー事業者と共にタイヤ空気圧遠隔監視システムの実証実験を開始

横浜ゴム株式会社とタイヤ販売子会社である株式会社ヨコハマタイヤジャパンは、京都タクシー株式会社と興進タクシー株式会社の協力を得て、横浜ゴムが開発したタイヤ空気圧の遠隔監視システム(Tire air Pressure Remote access System=TPRS)の実証実験を、5月より開始した。

実証実験では、京都タクシーおよび興進タクシーの車両に、タイヤ内面貼り付け型空気圧センサ付きタイヤおよび、「TPRS」を導入し、京都府およびその近郊エリアで実施される。「TPRS」は、タイヤ内面貼り付け型空気圧センサが検知したタイヤの空気圧や温度、車両の位置情報を、車両管理者やタイヤサービススタッフがリモートで把握することができるシステムだ。

これにより、タイヤ空気圧の始業前点検の省力化および空気圧情報の記録化、タイヤの空気が徐々に抜けるスローパンクチャーの早期発見、タイヤメンテナンスの適切な実施、点検のバラツキ防止、リアルタイム異常検知による事故防止、適正空気圧維持による燃費向上などに貢献する。

横浜ゴム、タクシー事業者と共にタイヤ空気圧遠隔監視システムの実証実験を開始
実証実験のイメージ図

検知データはクラウドサーバに送られ、車両管理者や横浜ゴムの営業所にてタイヤ空気圧を見える化し、燃費の悪化の原因となる低空気圧での走行を防ぐために、空気圧が低下した場合やスローパンクチャーの恐れがある場合には、事務所内に設置した警報装置にて管理者に通達する。

また、タイヤ内面貼り付け型空気圧センサは、従来のバルブ式TPMS(Tire Pressure Monitoring System)と異なり、装着ホイールを選ばず、アフターパーツとして多種多様の車両、ホイールに採用することができる。

横浜ゴムは今後も、CASE・MaaSへの対応策として、センシング機能を搭載したSensorTire(IoTタイヤ)の開発と、異業種との実証実験を行なっていくとしている。