Braveridge、水田の水位を検知するセンサ「CROPz」シリーズのELTRES対応製品を発表

稲作において水の管理は重要であるが、遠隔で水位を管理するためには、水田1枚毎にIoT水位センサを設置するが必要であり、水位センサの単価を抑える必要があった。

そこで株式会社Braveridgeは、Bluetooth LEでルータを介してデータを取得し、3段階の水位を検知するシンプルな構造によって低価格化を実現した水田用水位センサ「CROPz(クロップズ)」シリーズを提供している。

そして新たに、ソニー独自の無線通信規格ELTRESを用いたIoTネットワークサービス「ELTRES(エルトレス)」を利用して、水田の水位を検知する農業IoTサービス向けセンサ「CROPz(クロップズ) 水田用 水位センサー ELTRES」を製品化し、2022年7月末から販売開始することを発表した。

「CROPz 水田用 水位センサー ELTRES」は、これまでの「CROPz」シリーズ同様、水田に挿すだけで設置でき、ELTRESの長距離通信を利用できるセンサデバイスだ。

Braveridge、水田の水位を検知するセンサ「CROPz」シリーズのELTRES対応製品を発表
ELTRESの長距離通信を利用できるため、ルータの電源を確保できない場所でも利用することができる。

これにより水位センサ単独で長距離通信ができるため、水田の周辺でルータの電源を確保できない場所でも水位センサの利用が可能となった。

なお「CROPz 水田用 水位センサー ELTRES」は、2022年6月29日~7月1日に東京ビッグサイトにて開催される「第2回 スマートシティ推進EXPO」において、「ELTRES IoTネットワークサービス」のブースに出品される。