パナソニック、業務用ガス空調向けIoTサービス「Panasonic HVAC CLOUD」を開始

パナソニック株式会社は現在、国内の業務用空調IoTサービスとして、設備オーナー向けの室内機遠隔コントロールサービス「AC Smart Cloud」と、保守メンテナンス業者向けの警報監視サービス「サンエスネット」を提供している。

そうした中、パナソニック株式会社 空質空調社は、「サンエスネット」の吸収式冷凍機向け機能を大幅に拡充し、運転効率の可視化や省エネ制御機能を加えた業務用ガス空調である吸収式冷凍機(ナチュラルチラー)向けIoTサービス「Panasonic HVAC CLOUD(パナソニック ヒーバック クラウド)」を、2022年12月に開始する。

「Panasonic HVAC CLOUD」は、吸収式冷凍機内に搭載のセンサから各種情報を収集し、運転効率を分析。適正な運転効率からの低下を判定する。

パナソニック、業務用ガス空調向けIoTサービス「Panasonic HVAC CLOUD」を開始
廃熱を活用する吸収式冷凍機(ナチュラルチラー)

効率が悪化している場合は原因をクラウド上の「Panasonic HVAC CLOUD」で特定する。また、部品単位の整備計画の作成を支援し、設備管理者の機器管理業務を効率化する。

2023年以降に予定しているアップデートでは、運転効率の悪化を検知し、使用状況に合わせて、吸収液の循環量などの機器の設定をクラウド上で自動チューニングする。また、今後は電気空調や他のガス空調機器にも順次対応予定だ。