アイキューブデジタル、AIを活用した検査自動化アプリケーション「Y’s-Eyeハンバーグ」の受注開始

株式会社安川電機と株式会社YE DIGITALの合弁会社である株式会社アイキューブデジタルは、AI画像検査と排除機構がセットになったAI画像判定ソリューション「Y’s-Eye(ワイズアイ)」を提供している。

そして、「Y’s-Eye」の検査対象特化型モデル第1弾として、検査対象をハンバーグパティに特化した検査対象特化型モデル「Y’s-Eyeハンバーグ」を、2022年7月1日より受注開始することを発表した。

「Y’s-Eyeハンバーグ」は、AIに検知させる検査対象をハンバーグパティに特化しパッケージ化することで、基本設計が予め完了している。

また、基本設計と異なる検査パターンについても想定設定されており、ユーザの検査対象製品に対するAI判定モデル作成を行うことで導入が可能だ。

AI画像解析技術により、ルールベースでは一律に決められない判定基準もAIでモデル化するため、食品のような個体差の大きな対象物に適している。

アイキューブデジタル、AIを活用した検査自動化アプリケーション「Y’s-Eyeハンバーグ」の受注開始
AIによる判定結果画面のイメージ

ロボットは安川電機製HC10DTFPを採用しており、水洗いにも対応。洗剤にも強い仕様だ。ハンドは浮上式のベルヌーイ式ハンドで、ノズル詰まりの心配がない。(トップ画参照)

「Y’s-Eyeハンバーグ」を導入することにより、検査工程自動化を実現すると同時に、検査結果データから不良傾向分析を行うことで、歩留まりの改善、人手不足の解消や食品ロス削減などが期待されている。