JAフルーツ山梨、ソラコムのクラウドカメラサービス「ソラカメ」を活用した農作物盗難対策の実証実験を開始

近年、収穫前の農作物が盗まれるという問題が全国各地で起きており、山梨県では防犯パトロールの経費や防犯カメラの設置費用などを補助する支援制度を設けるなど、盗難対策に力を入れているのだという。

そうした中、株式会社ソラコムは、「JAフルーツ山梨」の農作物盗難防止実証実験に、クラウドカメラサービス「ソラカメ」が採用されたことを発表した。

今回の実証実験では、主に夜間の農場の様子をカメラで撮影し、そのデータをリモートからリアルタイムで見れるようにするほか、夜間の監視パトロールと連携して、盗難防止を強化する。

ソラカメの映像は、スマートフォンやタブレットでのリアルタイム閲覧に加えて、IoT通信を用いてクラウドに常時録画されているため、過去の映像確認も可能だ。

JAフルーツ山梨、ソラコムのクラウドカメラサービス「ソラカメ」を活用した農作物盗難対策の実証実験を開始
常に7日間分の映像をクラウドに保存している。

また、何か動きがあった際には「モーション検知」機能により、関係者にアラート通知する。

今回導入されたクラウドカメラサービス対応の小型カメラ「ATOM Cam2」は、一辺約5cmと小型・軽量で、磁石やカメラ台座に対応している。性能は、広角かつフルHDの高解像度、夜間でもカラー映像で撮影できるカラーナイトビジョン、赤外線LEDによる白黒撮影も可能となっている。