ZMP・あいおいニッセイ同和損保、自動運転ロボット専用保険を共同検討

昨今、ロボットの活用による自動化が期待されており、2022年4月の道路交通法改正では、一定の基準緩和内で公道走行可能だった自動運転ロボットは公道を走行できるようになる。

こうした中、株式会社ZMPは本日、MS&ADインシュアランス グループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社が進める、自動運転ロボット保険の開発を共同で検討することを発表した。

自動運転ロボット専用保険は、ロボットを活用するビジネスを展開する事業者向けの保険プランで、運用中のロボットに起因し、第三者に損害を与えた場合や、ロボット本体の故障や盗難などで事業者が損害を被った場合に補償されるプランを予定している。

また、事故やトラブル発生時は、保険会社と連携し、必要なサポートを行うことができる仕組みが提供される。

ZMP・あいおいニッセイ同和損保、自動運転ロボット専用保険を共同検討
保険プランの概要を表した図