ブリヂストン、タイヤの状態をリアルタイムで遠隔モニタリングするサービスを開始

株式会社ブリヂストンは、タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS:Tire Pressure Monitoring System)で計測したタイヤの空気圧と温度の情報を遠隔モニタリングすることができるブリヂストンのデジタルソリューションツール「Tirematics(タイヤマティクス)」を提供している。

そしてブリヂストンのグループ会社であるブリヂストンタイヤソリューションジャパン株式会社は、2020年12月より、日本国内の輸送事業者向けに、「Tirematics」を活用したタイヤの空気圧を定期的に計測・モニタリングするソリューションサービス「ヤードモニタリング」の提供を行っている。

そして本日、ブリヂストンタイヤソリューションジャパンは、日本国内の輸送事業者向けに、「Tirematics」を活用した新サービス「リアルタイムモニタリング」の提供を、2022年9月20日より開始することを発表した。

「リアルタイムモニタリング」では、「Tirematics」を活用して、TPMSで計測したタイヤの空気圧と温度の情報を、通信型デジタルタコグラフ(デジタコ)のネットワークを介してサーバーに送信し、ブリヂストンのタイヤ情報管理ツール「Toolbox(ツールボックス)」上で、タイヤの状態をリアルタイムで遠隔モニタリングすることが可能になった。

また、一部デジタコ機種では、走行中にタイヤの空気圧や温度に異常が検知された際に、車両管理者・運行管理者などにメールやデジタコの運行管理システムでアラート通知すると共に、デジタコからドライバーにも直接通知を行うことができる。

さらに、遠隔でタイヤの状態とデジタコを通じた車両位置情報が確認できることで、日本全国に900以上の拠点を持つ「ブリヂストンサービスネットワーク(BSN)」を活用したメンテナンスサービスの提供も可能となる。