アドダイス、AIで熱中症リスクを通知する現場作業員のための労災防止サービスをトライプロに提供

株式会社アドダイスは、株式会社トライプロに対し、独自の特許技術「SoLoMoN Technology」(以下、ソロモン・テクノロジー)に基づく人工知能「ResQ AI(レスキューAI)」を活用し熱中症リスクを通知する、現場作業員のための労災防止サービスの提供を開始する。

今回発表された労災防止サービスは、現場作業員が腕時計型バイタル測定機器「ResQ Band」を装着することで、バイタルデータを取得。バイタルデータをクラウドの人工知能「ResQ AI」に集約し、皮膚温、血中酸素濃度、心拍数などを「ソロモン・テクノロジー」で解析を行う。

そして熱中症リスクを、β版の「ResQ ヒートスコア」としてスコア化する。危険値を超えた場合、本人および管理者に対して熱中症リスクが高まっていることを即日通知し、対応を促す。

アドダイス、AIで熱中症リスクを通知する現場作業員のための労災防止サービスをトライプロに提供
ResQ AIヒートスコアによる労災防止サービスのイメージ